電話アイコン 03-5823-4035

電話受付:10時~18時(平日)

ご注文受付:24時間 365日

どぶろくかやまイメージ画像1
どぶろくかやまイメージ画像2
どぶろくかやまイメージ画像3
どぶろくかやまイメージ画像4
どぶろくかやまイメージ画像5
特徴1

特殊製法でおいしさの長期保存を実現!


かやまのどぶろくは、シャンパンなどにも用いられる『瓶内二次発酵』により、生どぶろくのような出来たてのおいしさを3ヶ月間長期間保存できます。※それ以降は段々と風味が落ちてしまいます。

特徴2

材料は米と米麹のみ


カヤマ酒造のどぶろくは、すべて手造り。人工甘味料、添加物、保存料なども一切使用していません。

特徴3

様々な料理と"合う"!


きめ細やかな炭酸とすっきりした味わいの「かやま」は食事酒としても楽しめます。ぜひあなたのお気入りを見つけてください。

モンドセレクション金賞受賞・モンドセレクションとは、ヨーロッパはベルギーの首都ブリュッセルに1961年に設立された製品の技術的水準を審査する団体であり、専門家や評論家の厳格な審査のもと、段階ごとに評価を下されるものです。2017年の審査において、カヤマ醸造所のどぶろくはその品質や技術水準を高く評価され、金賞を受賞することができました。
おとりよせネット審査員太鼓判・有名ポータルサイトおとりよせネットから、モニター審査員の高評価の商品にのみ贈られる、審査委員太鼓判を頂きました!
※未成年者への酒類の販売はいたしておりません
※未成年者への酒類の販売はいたしておりません
ラベルの絵柄にご指定がある場合はお届け情報入力ページの備考欄に追記してください。
ラベルのご指定が無い場合は各1種類ずつとなります。
※未成年者への酒類の販売はいたしておりません
どぶろくができるまでの製造工程です。ひとつひとつ丁寧に手作業で行っています。また日々品質の向上を目指して切磋琢磨しています。 どぶろくとは古くからある濁り酒の一種で、炊いた米に米麹や酒粕に残る酵母などを加え、発酵させることで出来上がる白く濁ったお酒です。日本酒の原型とも言われ、どぶろくの底に沈んでいる白い沈殿部分を丁寧に濾していくと清酒(日本酒)になります。どぶろくの歴史は古くからあり「魏志倭人伝」にもその記述を見ることができます。どぶろく作りの歴史は米作とほぼ同起源に考えられています。明治以降は酒税法が制定され、自由な酒造りが法律でき規制された為に「どぶろく」は密造酒の定番となり「どぶろく」という名称自体が密造酒をさして使われるようになりました。「どぶろく」はそれだけ人々の暮らしに深く浸透していたお酒という事です。

どぶろくってどんなお酒?

どぶろくには身体に良いコウジ菌がたくさん含まれており、美肌に効果があると言われているビタミンBも豊富に含まれています。

またどぶろくの製造方法は世界的に見ると非常に珍しく、高度な醸造技術を使用しています。

例えば、ビール等は単行複発酵といい大麦から麦麦芽に糖化させ、そこからアルコールを醸造していきますし、ワインはぶどうに含まれる糖をそのまま単純発酵させることでアルコールを得ます。

これに対して、日本酒やどぶろくは糖化と発酵を同時に行う「並行複醗酵」という非常に珍しい醸造技術を用いています。

並行複醗酵の仕組み図
私共カヤマ醸造所は日々品質向上に努め改良を行っています。 私共カヤマ醸造所は
日々品質向上に努め
改良を行っています

『どぶろくにハマる"どぶ女"とは?!』

漫画を見るリンク どぶろく漫画『もろ美さん』第一話
『もろ美さん 第一話』
漫画を見るリンク どぶろく漫画『もろ美さん』第二話
『もろ美さん 第二話』
どぶろく試飲会を行いました。2種類の清酒とマッコリ、どぶろく「かやま」を呑み比べて頂きアンケートを行いました。
どぶろく「かやま」は色々な食べ物と合うんです!
※未成年者への酒類の販売はいたしておりません
ラベルの絵柄にご指定がある場合はお届け情報入力ページの備考欄に追記してください。
ラベルのご指定が無い場合は各1種類ずつとなります。
※未成年者への酒類の販売はいたしておりません

『発泡どぶろく』はどうやって開けるの?!

配送・振込先について

配送は千葉県からヤマト・クール便で行っています。

※サイズは1本→60サイズ、2~3本→80サイズ

ヤマト配送料一覧

商品は、ご注文を受けてから3営業日以内に配送いたします。

※商品製造量に限りがあるため、在庫品薄の場合は担当部署よりご連絡いたします。


お支払い方法:銀行振込(前払い) 代金引換

お振込先口座:三菱東京UFJ銀行 秋葉原駅前支店 普通預金:0129503 口座名義:カ)アサット

お申込み・お問い合わせやご質問などは、こちらのフォームから行えます。
営業時間内はお電話でもご利用いただけます。
03-5823-4035 営業時間:10時~18時(平日)
※The following inquiry form is also available in English.

お問合せフォーム

名前Name
メールMail
ご質問・その他Content
送信Send
 
 
TOPへ